市内の産科医療機関で出産された方に助成金を支給します

篠山市では、市内の産科医療機関の利用を推奨して、市内の医療機関を守り、安心して子どもを産み育てやすい環境をつくるために、市内の産科医療機関での出産に対して助成を行います。
 

助成の対象となる方

篠山市に住民登録があり、平成27年4月1日以降に市内の産科医療機関で出産した子を養育する父又は母

市内の産科医療機関とは、『ささやま医療センター』 『タマル産婦人科』です。
 

 

※ただし、産婦は住民登録があること、申請者等に市税及び国民健康保険税に滞納がないこと等の条件があります。

出産育児一時金が支給される妊娠85日(4か月)以後の死産等も含みます。
 

助成金額

出産1回につき 5万円

 

申請期間

出産から1年以内

 

申請に必要なもの

・地域産科医療機関助成事業申請書兼請求書

・市内の産科医療機関で出産したことがわかるもの(出生届の写し等)

・振込口座のわかるもの(申請者名義のもの)

・印鑑

 

※「地域産科医療機関助成事業申請書兼請求書」は申請窓口に備えつけております。

 

申請窓口

保健福祉部福祉総務課(篠山市役所第2庁舎1階)又は、各支所

 

・この情報は役に立ちましたか?
   

 

 

保健福祉総合計画 子育ていちばん条例パンフレット
hokenfukushikeikaku-gaiyouban.jpg kosodatejyour_ippan.jpg kosodatejyour_kodomo.jpg kosodatejyour_jigyousha.jpg
概要版 一般用 子ども用 事業主用

 

 

このページの先頭へ戻る